■プロフィール

mydome

Author:mydome
管理人:maco
その旦那様:hide
のんきな2人です

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

■***********************

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
お友達来訪☆
今日はお昼にmacoのお友達一家が遊びに来てくるとのことで、
朝からせっせとランチの準備♪

おかずはmaco担当★
小学生の娘さんがいるので、から揚げにエビフライ、ポテトサラダと
昨夜作ったはちみつパン♪
ストーブのトップでお野菜いっぱいのスープも作りました。

もちろん薪ストピザはhide担当★

いつものようにHBで生地をこね、『ピ~』っと完了のブザーが鳴ったので
開けてみると、

・・・ちゃんと捏ねれてない・・・
きゃ~、もうお客さん来ちゃうわよぉ!

どうやら水が足りなかったようで、お水を少しずつ足しながら練り直し。
そんな中、一家は到着してしまったのですが、
maconの友人なので、私がお家やお庭を案内しているうちに
hideがピザ作りに奮闘☆

どうにか間に合い、楽しいランチタイムを頂くことができました。

娘さんにも美味しく食べてもらったようで、こちらも嬉しかったです。

(すっかり画像を撮り忘れた私です・・)


頂いた、ポインセチア♪
101123.jpg

ピンク色で可愛らしい☆



実はその娘さん、体にハンディを持っていまして。

『両足脛骨欠損症』

膝から下の骨は脛骨と腓骨という2本の骨から成っているのですが、
先天的に脛骨が正常に作られなかった、ということです。

聞きなれない名称ですが、ものすごく簡単に言うと、
足の腿の途中から下がありません。

なので両足義足を履いています。


娘さんに会うのは3回目。

1回目は生後数ヶ月。
不完全な膝から下を切断すべきか、残すべきか、
娘の人生を大きく左右する決断を、親の一存で決めてよいものか
悩んでいた時期だと思います。

2回目は2歳か3歳くらいのときかなー。
足は途中から切断し、両足義足を履いていたのですが、
膝が曲がらないので、気をつけないと派手に転ぶことになります。
その日も1回転んでヒヤヒヤしましたが、彼女はそんなことのはメゲす、
笑顔か可愛らしくて、本当にパパママの愛情をいっぱい受けているんだなーって思いました。

で、今回が3回目。

ま~~~、とにか元気☆☆
歩くのもホントに上手で、その様子を初めてみるhideもびっくりしていました。

我が家のドームハウスに来る子供達は、この開放感がいいのか
よく走りまわるんですが、
例に漏れず、元気いっぱい走り回っていました。

合気道を始めたようで、パパにワザをかけて見せてくれたり
途中からは義足も脱いで、自由気ままにリビングを走り回っていました。

大人ばかりのなかで、退屈させちゃったら気の毒だよなーって思っていたので
楽しそうでホントによかったfです~☆

愛情たっぷり、幸せそうなchun一家。
パパである私の友人は娘さんがずーーっとブログに日々の様子を書き留めています。

生まれてきてからの日々の苦労や葛藤、そして喜びと娘さんの成長。
同じ立場だったら、私はこんな強い親になれるんだろうか、と思います。
友人ながら、尊敬しています。

もしよろしければご覧ください。

chun日記
http://yaplog.jp/chun_akapon/

次回、また成長した娘さんに会えるのが今から楽しみです。
わざわざ遊びに来てくれてありがとうねーー!!


スポンサーサイト


ドームハウス(生活編) | 22:06:31 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
重ね重ね、ありがとう(^^;)
ブログにも書かせてもらったけれど・・・
本当に素敵な一日を過ごさせてもらいました。

せっかくなので、ドームハウスのことをもっと詳しく書いてみよう。

まず、家に入った瞬間の大空間。
これはね・・・・他の家では味わえない感じ。
天井は高くドーム上で、屋根には素敵な天窓多数。
球体の半分くらいが2階建てになっていて、そこも空間はつながっている。

その中央にどーんと存在感のある暖炉
そしてすごく大きな一枚板の座卓。それにあった座椅子やロッキング座椅子??
そこに座ってちょうどいいところに大きな吐き出しの開放窓。

底から見える景色がまた・・・いい。
長野にある霧が峰の近くの湿地帯を連想するような・・・
ここはどこだろうと感じさせてくれるような・・・・
旅気分にさせてくれる。
そんなお家でした。


床や壁は木の香りに包まれていて、足ざわりはとてもソフト。
無垢のフローリングに塗装のみ。
僕らが本当は娘さんのためにやりたかったけれど・・・・値段と手入れがそんなに出来なさそうであることを理由に断念した床材。
とてもすてきでした。
温かみがあるし、居心地がいい。

それにね。
MACOさんのオブジェを選ぶセンスがね。すごく素敵。
妻がしきりに感心していたんだけど、本当に素敵な飾り方。
ねこちゃんのオブジェがたくさん。
なかでも天井からつるされていた猫ちゃんとねずみちゃんが飛んでいるオブジェは秀逸でした。


玄関の表札は、実は私たちもいいなあといっていたもの。
たしか・・・・値段で 断念したような気が・・・
いいなあ・・・・こだわりを貫いていて・・・ うーむ。
そう考えると、我が家は検討するだけしつつも、かなり現実路線に落ち着いてるしね。


暖炉を夜に眺めているだけで、幸せな気分になれそうだなあ・・・
今度は夜にどう見えるか行ってみたいなあ・・・
まいにちここに帰ってくるって、どんな感じだろうなあ・・・
きっと旅行に行かなくても、自宅でくつろげるんだろうなあ・・・

いろんなことを考えました。

MACOさん本当にありがとう。
よかったら、私のブログも読んでみてね。
でわでわ!!! また!




2011-11-25 金 00:47:01 | URL | chun [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。